市長室

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます

ページ番号1000006  更新日 平成30年8月21日

印刷大きな文字で印刷


金足農業高校甲子園準優勝市長コメント

金足農業高校の皆さん。全国高等学校野球選手権記念大会での準優勝おめでとうございます。
秋田県代表として、東北の悲願である優勝を目指し、選手一丸となってひたむきに闘った姿が、私たち秋田県民・市民だけではなく、全国の方々にも大きな感動を与えるなど、金農が主役の大会だったと思います。
昭和59年夏に先輩達が届かなかった決勝に進み、103年前の秋田県勢最高記録である準優勝に並んだことは、秋田県の高校野球の歴史に深く刻まれる快挙です。
勝ち進むたびにたくましく成長していく皆さんから、勇気と感動をたくさん貰いました。金足農業ナイン、ありがとう。お疲れ様でした。

金足農業高校甲子園決勝進出市長コメント

金足農業高校の決勝進出おめでとうございます。
秋田でたくましく育った球児たちが、地元の代表として全国の強豪校と渡り合っている姿に、私をはじめ県民・市民が勇気と感動を貰っています。東北勢初の甲子園での優勝に向けて、決勝もチーム一丸となって頑張ってもらいたいと思います。

秋田市長 穂積志(ほづみもとむ)の部屋へようこそ

写真:秋田市長 穂積志

街を白く染めていた雪も消え去り、暖かな日差しと澄んだ青空に春の訪れを感じられるようになりました。この春、入学や進学、就職など、新たなスタートを切られた方も多いことと思います。明るい希望を胸に、自分の夢や希望に向かって大きく飛躍されますことを祈念しております。

さて、市長3期目がスタートし、早くも1年が経過いたしました。この間、高齢者コインバス事業の対象年齢引き下げのように、既に昨年中に実現できたもの、第1子保育料無償化やアンダー40正社員化促進事業のように今年度からスタートしたもの、そして、新スタジアム整備のように早期の実現を目指して検討を進めているものなど、その進捗はさまざまですが、公約に基づく取組は概ね順調と捉えております。

私は、3期目にあたり、「次世代に、つなぐ。さらに、前へ。」というキャッチフレーズを掲げましたが、今年度をステップの年とするべく、それぞれの分野における取組を強化しながら、さらなる市民福祉の向上と市勢の発展を目指してまいります。

平成30年4月
秋田市長 穂積志